最近、ダイエットや健康法として知られるようになった『ファスティング』。

ファスティングを知らないという方でも、同じ方法の『プチ断食』という言葉は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

ファスティングを行うにあたって、期間中の食事を何にするか迷ってしまいますよね。

ずばり、ファスティング中に栄養を摂取するためのドリンクとして、スムージーをおすすめします!

そもそもファスティングとはどういったものなのかについてとやり方、期間中のドリンクとしてスムージーがおすすめな理由についてご説明します。

ファスティングとは


ファスティング(fasting)とは、英語で『断食』という意味です。

自宅で気軽に行うファスティングはプチ断食とも言われ、数日間を特定の飲食物のみ摂取して過ごします。

個人的にファスティングを行う場合に水以外の一切の飲食物を絶ってしまうのは、身体を壊す危険性があるためおすすめできません。

ファスティングの効果


ファスティングには、ダイエット効果はもちろんですが、他にも様々なメリットがあります。

具体的には、腸内環境が整えられる・臓器を休ませることができる・デトックス効果がある、など。

また、普段摂取している調味料や過剰な栄養素によって感覚が鈍っている身体は、ファスティングをすることによって腸内環境や味覚が一度リセットされます。

それにより感覚が研ぎ澄まされるため、食や健康に関心を持つようになり、食生活の改善につながるという効果もあります。

ファスティングのやり方


ファスティングの日数は特に決まっていませんが、大きな効果を得るためには1週間かけて行うのがおすすめ。

とはいえ、ファスティングを行う上で重要なのは日数ではなく、準備期・断食期・回復期をしっかりと確保することです。
普段通りの食事をした直後に急に断食を行ったり、断食を終えた後すぐに元の食事に戻したりした場合、急な変化に身体がついていけず、十分な効果を得られない可能性が高いです。

それどころか、体調を崩す原因となりかねません。

安全を確保しつつ、せっかくファスティングを行うのであれば、入念に準備をして最大限の効果を得られるようにしましょう。

ファスティングにはスムージーがおすすめ


最初にファスティング中の食事にはスムージーがおすすめだとお伝えしました。

スムージーとは、生野菜や果物をミキサーでジュースにしたもの。

ダイエット用品としては『グリーンスムージー』が多く販売されていますね。

市販品を買わなくても、自宅で好きな食材を使って作ることができます。

次はファスティング中にスムージーを飲むことのメリットとデメリットについてご説明します。

  • メリット1:栄養価が高い
  • メリット2:腹持ちが良い
  • メリット3:安価に済ませられる
  • デメリット:身体が冷える

それぞれ詳しく見ていきましょう。

スムージーのメリット1:栄養価が高い

生野菜や果物から作るスムージーは栄養価が高く、手作りした場合や商品によって酵素も多く含まれています。

ファスティング中は効率よく栄養を摂取する必要があるため、栄養素の塊であるスムージーは最適なドリンクといえます。

スムージーのメリット2:腹持ちが良い

腹持ちの面でも、スムージーはとろみがあるため完全な液体物よりもお腹に溜まって満腹感が得られます。

なおかつ食物繊維が豊富に含まれるため、食事量を減らした時に陥りがちな便秘の対策としても有効です。

スムージーのメリット3:安価に済ませられる

ファスティング向けの食品として様々な商品が売られていますが、市販品はどうしても値段が高いものが多いです。

スムージーなら自宅で手作りできるため、安価に済ませることができるのが嬉しいですね!

スムージーのデメリット:身体が冷える

ここまででお伝えした通り、非常に身体に良いスムージーですが、デメリットもあります。

それは、生野菜や果物でできたスムージーを摂取すると身体が冷えやすくなってしまうということ。

特にファスティング中は他の食物を摂らないため、身体を温める効果のある食材を摂取することができません。

対策法としては、冷たい状態で飲んでしまうと内臓が冷えてしまうため、口に含んだ後軽く咀嚼するなどして少しでも温まってから飲み込むようにしましょう。

その他にも、適度に身体を動かしたりお風呂に入ったりして冷えないように心がけてくださいね。

最後に


ファスティングのやり方と、期間中の食事にはスムージーがおすすめな理由についてご説明しました。

効率的に栄養を摂取しながらファスティングを行い、健康な身体を手に入れましょう!

ファスティングのまとめ

  • ファスティングにスムージーがぴったり!
  • スムージーは栄養価が高くコスパが良い
  • 体の冷え対策に注意!

おすすめの記事