有名人が〇ヶ月でダイエットに成功した!というニュースをよく耳にしますよね。

短期間のダイエット方法として効果が出やすいのが『置き換えダイエット』です。

話題の置き換えダイエットのやり方や成功例、実際に行う時の注意点をご紹介します。

短期間で成功する置き換えダイエットのやり方

『置き換えダイエット』ってよく聞くけど、そもそもどんなダイエット方法なの?

そんな疑問にお答えしつつ、具体的なやり方についてご説明します。

1置き換えダイエットとは?

置き換えダイエットとは、1日に食べる食事のうち何食かを、決まった食品に置き換えるダイエット方法のこと。

置き換える食品は低カロリーなものが多く、その場合は1日の摂取カロリーを抑えることが主な目的です。

他にも、代謝アップを狙ったものや腸内環境の改善など、置き換える食材によってさまざまな効果が期待できます。

2置き換えダイエットのおすすめなやり方

置き換える食品を選び、1日1食を基本に食事を置き換えます。

3食の中では、夕食を置き換えるのがおすすめ

理由は以下の通り。

  • 最もカロリーを摂取しがちな夕食を置き換えることで、摂取カロリーを大幅にダウンできる
  • 朝や昼に置き換えると、日中お腹が空いて仕事に支障が出る可能性がある
  • 日中にしっかり食べてエネルギーを摂取すると、体温と代謝が上がる

しかし、一番大切なのは継続できること。

仕事の接待が頻繁にあったり夕食が家族での団欒の場であったりする場合は、無理せず朝か昼に置き換えるようにしましょう。

短期間での置き換えダイエット成功例!

置き換えダイエットでは、多くの成功者が出ているんです。

今回は、特に短期間での置き換えダイエットに成功した芸能人を2人ご紹介しますね。

1浜田ブリトニー


キャリーケースを引き、漫画喫茶やネットカフェを渡り歩く「ホームレスギャル漫画家」として一躍有名になった浜田ブリトニーさん。

彼女は『酵素液』置き換えダイエットを行い、たった2ヶ月半で52.5㎏から10㎏の減量に成功しました。
とっても綺麗になりましたね。ダイエットは1番の整形というのも頷けます。

その後も1年半かけて計17㎏の減量に成功しています。

ブリトニーさんが実践した酵素液ダイエットのやり方は、主には朝にジュースで割った酵素液を飲むだけ。

昼は何も気にせず食べ、夜は野菜を中心としたヘルシーな食事にしているそうです。

昼間に好きなものを食べているからストレスがなく、酵素や他の食事で栄養もしっかり補給しているため、減量時によく起こる肌荒れや乾燥も見られませんでした。

2南海キャンディーズ山里亮太


漫才師である南海キャンディーズの山里亮太さん。

DHCのプロテインダイエットを行い、4ヶ月半で92.8㎏から17.3㎏もの減量に成功しました。
なんだその衣装!というのもあいまって、まるで別人のようです!

プロテインダイエットとは、1日最大2食、普段の食事をプロテインダイエット食に置き換えるダイエット方法。
たんぱく質を中心に他の栄養素をしっかり摂りながら、カロリーの過剰摂取を抑えることが可能です。

山里さんは食事の管理のみで、特に運動は意識していなかったとのこと。

運動なしでここまでの減量に成功するのはすごいですよね!

プロテインダイエットでは筋肉の元となるたんぱく質を豊富に摂取するため、筋トレと並行して行うと代謝が上がってより大きな効果が期待できそうです。

短期間置き換えダイエットのリバウンド対策

短期間で大幅に痩せられる魅力的な置き換えダイエット。

しかし注意しなければ、リバウンドでダイエットをする前以上に太ってしまう危険性が潜んでいます。

そうならないためにも、置き換えダイエットの注意点として、リバウンドの原因と対策についてご説明します。

1リバウンドする原因は?

置き換え食以外の食事ではあまり食べなかったり、1日のうちほとんどの食事を置き換えたりしていると、たしかに短期間でグッと減量することができます。

しかし、食事を戻した時には高確率でリバウンドしてしまうのです。

この原因は主に下の2つ。

  • 身体がカロリー摂取量の少なさに危険を感じ、栄養を吸収しため込みやすくなる
  • カロリーの摂取量が少ないため、筋肉が落ちて代謝が下がる

結果的には、代謝が下がりエネルギーを燃やせなくなることが原因となってリバウンドします。

この2つの原因それぞれの対策法について見ていきましょう。

2リバウンド対策

リバウンド対策① 極端な置き換えをしない!

「身体がカロリー摂取量の少なさに危険を感じ、栄養を吸収しため込みやすくなる」

人間の身体は食事制限によって栄養不足に陥ると、危険を感じて食事からできるだけ多くの栄養を吸収し、ため込もうとします。

これにより栄養を吸収しやすくなった身体は、ダイエット前と同じ食事を摂っても太りやすくなってしまうのです。

この対策として、1日1食の置き換えを基本とし、2食の置き換えをするとしても頻度を設定して行うようにしましょう。

極端な置き換えを行わないようにすることが大切です。

置き換え食以外での食事においてもあまり気にしすぎず、適度にカロリーと栄養を摂るようにしてください。

また、目標体重に達したからといってすぐに食事を戻してしまうと、せっかくの努力が水の泡です。

目標達成後も頻度を減らしつつ継続するか、普段の食事内容の栄養バランスやカロリー摂取量を見直してみましょう。

リバウンド対策② 代謝をあげよう!

「カロリーの摂取量が少ないため、筋肉が落ちて代謝が下がる」

筋肉を落とさないためには、筋トレをする必要があります。

置き換え食もしくはそれ以外の食事で積極的にたんぱく質を摂るようにし、少しずつで良いので生活に筋トレを取り入れましょう。

ジムに行ってがっつり行うのではなく、自宅で簡単に続けられる軽い筋トレで大丈夫です。

最後に

置き換えダイエットのやり方や成功例、注意点についてご説明しました。

ダイエットを行う上で最も大切なのは「健康的に痩せること」です。

置き換えダイエットでは、短期間での効果を求めて無茶をしてしまいがちですが、痩せた後も継続できるかどうかを考えながら行うようにしてくださいね!

短期間でする置き換えダイエットのまとめ

  • 短期間で効果を出すには夕食を置き換えしよう!
  • 継続が大事!三日坊主は厳禁どころかリバウンドに・・・
  • 極端な置き換えは×!一日一食置き換えにとどめましょう
  • 筋トレをすると効果アップ!代謝をあげよう!

おすすめの記事