あなたの周りに、いつも「今ダイエット中なの」といってい人方はいませんか?
実はそういう人に限って、さほどダイエットが成功していないというのは良くある話。
ダイエットは正しい方法をしっかりと実践すれば、必ず成功します
しかし、ダイエット中といいながらも何かにつけてご褒美が多かったり、オリジナルのダイエット方法に変更してしまったりと、成功するダイエット方法を継続できない方もいます。
そういう方は、「あのダイエットは効かなかった」と決めつけてまた次のダイエット方法へ突っ走る、いわばダイエットの旅人なのです。
せっかくダイエットをするからには、1回で成功させたいですよね!
成功の秘訣は、失敗例を知ること
今回は置き換えダイエットで失敗してしまう人の共通点とそうならない為の対策をご紹介していきます。

 

置き換えダイエットで失敗する要因


さっそく、置き換えダイエットで失敗してしまう方の失敗例と失敗しない為の対策を3つご紹介します。

 

初めからハードな内容に挑戦する

ダイエットをスタートするとき、短期間でダイエットを成功させようとして、いきなりハードな内容に挑戦する方がいます。
開始当初は気合も十分、「やってやる!」とハードな内容でも頑張れるのですが、その勢いはあっという間に失速してしまいます
挙句の果てに、「このダイエット法は自分に合っていなかった」とダイエットは終了。
そうならない為に大切なのは、「ダイエットに気合を入れすぎない」こと。
ダイエットは気合が入れば入るほど空回りしてしまうもの。
いきなりハードな内容に挑戦すると、心も身体もついていけません。
絶対に無理や無茶をせず、まずはスロースタートをしてダイエットを習慣として生活に取り入れることができた人こそ、ダイエットに成功することをお忘れなく!

 

空腹に耐えられない

置き換えダイエットは普段の食事の1食から2食を低カロリーに置き換える方法。
太ってしまった=カロリーオーバーの食生活です。
肥満の方は特に、ハイカロリーな物を好んで食べたり飲んだりしているはず。
その食事を低カロリーに切り替えるので、もちろんお腹が減ります。
この空腹に耐えられず、何かを食べてしまったり、置き換えダイエット自体をやめてしまったりという失敗例も多数。
置き換えダイエットを始める前に普段の食事内容を見直してみましょう。
明らかにカロリーオーバーの食生活をしている場合はまず、1日の摂取カロリーを適正にすることから始めてみて。
身長や体重、日中の活動量によりますが、成人男性は2600キロカロリー、成人女性は2000キロカロリーが1日の総摂取カロリーの目安といわれています。
普段からこれより多くカロリーを摂取している場合はダイエットの準備としてまずは1週間、置き換えはせずに3回の食事を基本の摂取カロリー内に抑える食生活を実践してみてください。
この準備ができてこそ、置き換えダイエット成功の近道です。
少しずつ、食事量や摂取カロリーを減らしていくことで心も身体もその食生活に慣れ、空腹を感じにくくなりますよ!
くれぐれも、急な食生活の変化は禁物です。

 

目標設定が短期的

「〇月〇日までに△キロ痩せる!」などダイエットに目標を掲げる方は多くいます。
それが現実的に可能かどうかはさておいて、その大きな目標と現実はかけ離れていて、ダイエットを断念してしまったという方も。
ダイエットの成功にはまず、「現実的な目標設定」が基本です。
ダイエットに挫折は必要ありませんので、あえて高い目標設定はせず、実現可能な目標を一つ一つクリアしていくことが成功の近道となります。
もし「この日までに痩せたい!」という目標があるのなら、その目標は現実的かどうか確認してみてください。
健康的にダイエットをする上で、1ヶ月の体重減の目安は体重の5%までと言われています。
この目安に沿ってダイエットの目標を立てると、無理なく健康的に、そしてリバウンドもしにくくなりますよ!

 

最後に

 

いかがでしたか?

ダイエットは気合を入れれば入れる程、空回りしてしまう場合があります。

ダイエット成功の秘訣は、絶対に無理をせず、自分ができそうなことから始めてみること。

短期的なダイエットや一時的なダイエットは成功した後のリバウンドが心配。

ダイエットをきっかけに食生活で体重をコントロールする方法を身に着けて、末永くダイエットと付き合っていくことが本当に理想的な体型を維持する秘訣です。

ダイエットを成功させて健康的な美しさを手に入れてくださいね!

 

 

まとめ
  • 置き換えダイエットの目標は実現可能な設定を
  • 空腹感を感じにくくするためには徐々にダイエットをスタート☆
  • 長期的なスパンでダイエットに挑戦!
おすすめの記事